リゾートバイトに海外求人はないってホント!?ワーホリとの違いは?

リゾートバイトは寮費・水道・光熱費・交通赴任費などの生活費が一切かからない上、場所、職種、期間、時給など自分の希望に沿った条件で働けるというまさにメリットづくしの夢のようなアルバイトです。

憧れのリゾート地で働きながら、且つ、ガッツリ稼げるところが若い世代に人気を集めていますね。

そんなリゾートバイトですが、こんな検索結果が見つかりました↓

リゾートバイト 海外

ん?海外!?

僕自身も長くリゾートバイトをやってきた身ですが、「海外」の求人なんて聞いたことがありませんでした

もし、生活費が無料の条件で海外で働けたとしたらそれはやってみたいですよね??

ちょっと気になったので、リゾートバイトに海外の求人は存在するのか調べてみることにしました。

リゾートバイトに海外の求人は存在する?

結論から言うと、残念ながらリゾートバイトに海外の求人は存在しませんでした

リゾートバイトの大手派遣会社である

  • ヒューマニック
  • グッドマンサービス
  • アルファリゾート
  • アプリリゾート

のホームページも確認しましたが、求人があったとしても離島までで、海外の求人はどこにも見つかりませんでした。

確かに検索結果には海外のリゾートバイトとして沢山のサイトが出てきますが、「海外のリゾートバイト」はどうやら一般的に認知されている生活費や交通費が無料でできるリゾートバイトとは別物のようです。

リゾートバイトに海外の求人がない理由

日本人が海外で働いて、賃金をもらいながら生活するには「就労ビザ」という許可証が必要になります。

そして、この就労ビザはその国で働いている人の雇用を守るためか手続きが非常に面倒くさくなっています。

また、海外で働くとなると高額な交通費の負担や寮の手配、サポートするための支社が必要になってきたりと、様々な問題出てきてしまいます。

ちょっと旅行気分で、生活費&交通費無料で海外で働けてしまったら、正直、派遣会社の負担が半端じゃありません

そういった色々な難関があるため、海外のリゾートバイトは実現しないと思われます。

海外リゾートバイトの正体って一体何?

海外リゾートバイトがあると勘違いしてしまうものには

  • ワーキングホリデー
  • 海外インターンシップ

の2つが考えられます。

  ワーキングホリデー


ワーキングホリデーとは日本と契約を結んである国を対象に、18歳~30歳までなどといった一定の条件を満たし、ビザ(査証)を取得すれば、1年間は働いたり、学校に通ったり、観光したり、自由に過ごすことができるというシステムです。

2019年現在、ワーキングホリデー協定国は以下の22カ国です。

  • アルゼンチン
  • チリ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • アイルランド
  • イギリス
  • オーストリア
  • スペイン
  • スロバキア
  • デンマーク
  • ドイツ
  • ノルウェー
  • ハンガリー
  • フランス
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • チェコ
  • アイスランド
  • 韓国
  • 台湾
  • 香港

ビザがなしだったり、通常ビザ(90日以内)であれば働いて賃金を受け取ることができないので、実質ワーキングホリデーで働かないと海外でアルバイトをすることはできません

ですので、「海外で働く」といったらこのワーキングホリデーのイメージが一番強いと思います。

留学との違い

「観光」・「就学」・「就労」のすべてが自由のワーキングホリデーに対して、留学は「就学だけを目的とした海外の学校に通うことを言います。

滞在期間は学校に通っている期間で、年齢は制限はありません。

留学は基本的に学ぶことが目的なので働くことは許されていません。(休みの観光はOKです。)

ですので、ある程度資金が無いと滞在できませんし、「海外で働く」とう考えからは少しかけ離れてしまいます。

  海外インターンシップ


海外インターンシップとは

  • 外資系企業で働きたい
  • 英語を活かした仕事に就きたい
  • 海外で活動したい

といった人たちが海外の組織で行う職業体験のことです。

海外インターンシップを行うメリットとしては

  • 語学力の向上
  • 海外で働くという経験
  • 職業の適正を見る

などがあります。

しかし、海外インターンシップはあくまで職業体験ですので無給での仕事だったり、賃金はあまりに低かったりと「海外で働いて生活する」という考えにはこれまたかけ離れている内容になっています。

無給でも賃金以上のものが手にれられるというある程度しっかりとした目的がなければ、やる意味は無いでしょう。


以上、2つが通常のリゾートバイトと海外リゾートバイトとごちゃまぜになって広まっている原因と思われます。

海外リゾートバイトと通常のリゾートバイトと違うところは、「稼げるかどうか」というところでしょう。

よく、オーストラリアで働くと時給が高いから稼げるよなんてウワサを聞いたりしますが、オーストラリアは時給が高い分、物価も高いため、トータルでみるとそこまで支出額に違いはありません。

また、オーストラリアでは1つの勤務先で長期間働くことができないため、バイト先を転々とすることが多く、うまくやりくりしないと、結局日本で貯めた貯金を切り崩しながらバイト生活になってしまうことがあります。

また、それ以外にも往復の交通費、宿代、ホームステイ代などがかかります。

生活費&交通費が無料で働ける国内のリゾートバイトに比べると正直、稼ぎはあまり期待できないでしょう。

とはいっても、そもそも海外で働くという思考の根源には

  • 海外で生活したい
  • 語学を学びたい
  • 国内でできない経験をしたい

などといった国内のリゾートバイトとは違う目的があると思われるため、「稼ぐ」と「遊ぶ」の目的をしっかり分ける必要がありますね。

そのためか、ワーキングホリデーに行く人は「国内リゾートバイトで資金作りをしてから」という人が多いようです。

ワーキングホリデーは資金づくりと語学を学んでから始めよう

  準備資金を作る


通常ワーキングホリデーの資金は半年は働かずに生活できるくらいの資金が目安で、

  • 交通費
  • 宿泊代
  • 旅費
  • 準備費
  • 語学学校費用

などを考えると100万は必要と言われています。

海外での平均生活費は、

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ

では9万~13万、また更に物価が高いと言われている

  • イギリス
  • アイルランド

では、13~16万程度なので、半年で少し余裕をもたせて計算すると100万になります。

資金をあまり貯めずにワーホリに行ってしまうと、生活費を稼ぐためにバイトに明け暮れて、肝心な海外生活を満喫することができなくなってしまいます。

貴重な1年間を無駄にしないためにも、しっかりと日本で資金作りをしてから始めるようにしましょう。

  最低限の語学力をつける


充実したワーキングホリデー生活を送るにはある程度の語学力は必要です。

よく、参加する人の中には

  • 「生活していればそのうち喋れるようになるでしょ」
  • 「気持ちが伝わればなんとかなるでしょ」

といって、自己紹介もできない状態で飛び出す人がいますが正直、無謀です。

実際、ワーキングホリデー協会の「ワーキングホリデー渡航前の英語力調査」のアンケートによると、約4分の1の人はアルファベットを全て理解していない(言えない)ということがわかりました。

 

また、「ワーキングホリデーで現地に行ってから英語が伝わらず苦労したことがあるか」というアンケートでも、83%の人が「はい」と回答していることがわかりました。

※出典:ワーキングホリデー協会

内容としては

  • 「英語ができずに希望の職場で働けなかった」
  • 「友達ができなかった」
  • 「自信がなくなり、あまり外出しなくなった」

などといった意見でした。

どうやら、勢いで行ってもどうにもならないようですね(笑)

海外で生活するには、「外国人と意思疎通ができる」または最低でも「英語で道が聞ける」くらいには英語力はつけておくのが望ましいです。

ワーキングホリデーを充実させたければまずは、

  • 資金作り
  • 語学力をつける

この2つの条件をクリアすることから始めましょう。

国内のリゾートバイトで資金を貯めよう

先程も少しお話しましたが、ワーホリを考えている人には「リゾートバイトで資金を貯めてから」という人が多いです。

確かに個人的にもおすすめで、理由は

  • 短期でガッツリ稼げる
  • 語学を学びながら働ける

という2つのワーホリに適した条件を満たしているからです。

  短期でガッツリ稼げる


リゾートバイトは寮費、水道、光熱費、交通赴任費、派遣先によっては食費も無料です。

普通にアパートを借りて、家賃や水道・光熱費を払っていたら5万円はゆうに超えるでしょう。

それだけでも給料5万アップしたと同じになります。

また、初期費用が行きの交通費だけなのでほぼ資金ゼロの状態からでも始めることができます。

時給も平均して1,000円くらいなので、1日8時間、月8日休みの最低限の労働だとしても月17万6千円になります。

生活費はかからないので、節約すれば毎月15万貯めることができます。

もちろん、時給も1200円、1300円の所も沢山ありますし、残業も頑張れば月30万も夢じゃありません。

半年も続ければワーホリの資金100万円は貯めることができます。

短期でガッツリ稼ぎたいならリゾートバイトおすすめです。

  語学を学びながら働ける


リゾートバイトの勤務地は観光地だけあって、外国人観光客も多いです。

接客の職種に就けば、なんだかんだで外国人と接することが多く、自然と自分の語学力を高めることができます

リゾートバイトの口コミであった体験談では、ワーホリで行きたかった国出身の外国人のお客さんと仲良くなり、現地のことを詳しく教えてもらったり、ホームステイ先を紹介してもらったりといった意外な出会いもあったそうです。

なかなか外国人と接することが少ない普段の生活に比べたら、リゾートバイトは自分の語学力を発揮できる場面が多いので、ワーホリの準備期間にはおすすめです。


 

個人的に特におすすめするリゾートバイト先は「温泉街」です。

温泉街はリゾートバイトの勤務地の中でも特に外国人が多いですし、更に他の職種と比べても時給も高めになっているので、条件がダブルで当てはまります

僕の体験でも、温泉街で働いている人は後々ワーホリ希望の人が多い印象でした。

温泉街は有馬温泉、草津温泉、別府温泉、など有名所から、あなたの身近なマイナーなところまで色々募集していますので、一度探してみてください(^^)

温泉街の求人は「アルファリゾート」がオススメです。

アルファリゾート温泉特集を見てみる

関連記事↓

アルファリゾートが温泉街に向いている理由とは?

ワーホリのサポートがある派遣会社アプリリゾート

大手派遣会社の「アプリリゾート」ではワーキングホリデーをしたい人の為に、

  • 1日25分、毎日受講できるオンライン英会話
  • 留学準備資金最大5万円の支援(勤務期間によって異なる)
  • プロのカウンセラーによる、ワーホリ・留学の相談
  • ビザ取得のサポート
  • 留学学校の手配
  • ホームステイ先の手配
  • 留学保険

などの様々なサポートをすべて無料で行ってくれます。

条件としては、一定期間アプリリゾートを通してリゾートバイトを行うだけです。

さらに、アプリリゾートが運営している「Global Dive」では、ワーホリ・留学の相談はもちろん、帰国後の不安要素でもある「就職先」についてもサポートしてくれ、海外生活ならではの経験を活かした

  • 英語を使う仕事
  • 旅行好きが集まる会社
  • 海外出張ができる職種・業種

などといった会社なども紹介してもらうことも可能です。

そして「Global Dive」は同時に住居先も探してくれます。(帰国後は実質無職状態なので、賃貸契約で上手く話が進まない場合が多いので、嬉しいサポートです。)

アプリリゾートに任せれば資金ゼロから→ワーホリ→就職までエスカレーター式に進めることができるので、不安な方でも安心してワーホリが始められます。(※もちろん帰国後に予定がある人はサポートを受けないこともできます)

また、「Global Dive」他の手数料が無料であったり、価格自体もリーズナブルで設定してあるため、他の留学エージェント会社の3分の2の価格で業界最安値でサポートが受けられます。

業界全体でみても、優秀な留学サポート会社と言えます。

ワーキングホリデーは初めての人であれば未経験のことがほとんどで、資金の集め方からホームステイ先の選び方、海外で暮らすときの注意点など様々な点でつまずくことが多いです。

そんな中、リゾートバイトを数ヶ月働くだけで、無料で数々のサポートが受けられるアプリリゾートはまさにワーキングホリデー願望がある人にはピッタリの派遣会社といえます。

ちなみにリゾートバイトの派遣会社の中でもワーホリ・留学のサポートを行っているのはアプリリゾートだけです。

アプリリゾート運営の「Global Dive」のホームページには、実際にワーホリに行ってきた人の体験談もたくさん載っているので、気になる方は一度見てみてください。とてもイメージがつきやすいですよ↓

ワーホリが面倒くさい人は国内で海外気分が味わえる場所がおすすめ!

かといって「海外 リゾートバイト」で検索する人みんながみんなワーホリに行きたいというわけでは無いと思います。

中にはこれまでの説明を聞いて

  • なんか難しそう
  • 面倒くさそう

と思った人もいるのではないでしょうか?

確かにパスポート作ったり、ビザの申請、長期滞在の準備、資金の準備、語学の勉強・・・と「気軽に始めたい!」と考えていた人には結構な手間に感じるかもしれません。

そんなときは、国内で海外の雰囲気を味わえる場所でリゾートバイトをしましょう!

 

あなたは、日本の絶景をすべて見終えましたか?

 

非日常を味わいたくて、海外に憧れを感じる人も多いと思いますが、実は国内にも非日常を感じさせてくれる絶景がある場所がたくさんあります。

そして、リゾートバイトはそんな所でも求人募集があり、そこに住むことができちゃいます。

ここで、個人的に行ってみたい海外気分を味わえるリゾートバイトエリアをご紹介したいと思います。

  八重山諸島


八重山諸島は、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、鳩間島、波照間島、新城島(パナリ)、西表島、由布島、与那国島などの島でできており、東京から2000km、沖縄本島から400km離れた日本最南西端の島々です。

島からは台湾が見えるほどで、景色、街並み、文化や言語までそこはほぼ外国

空気が綺麗で、時間がゆっくり流れる八重山諸島では、都会の忙しい、せかせかした日々の疲れを癒やしてくれます。

【石垣島】

【西表島】

【波照間島】

  リゾートホテル「ヴィラ サントリーニ」(高知)


参照元

高知の土佐市にあるリゾートホテルで、ギリシャのサントリーニ島をイメージして作られたホテルです。

白に統一された美しい外観に、太平洋を一望できるプール、レストランでは本格的なギリシャ料理を楽しめる、まさに海外気分を味わえるスポット

夏になれば求人募集もあったりするので、実際にホテルで働くことができちゃいます。

また高知には、水の透明度が高く、船が浮いている見える海の柏島や、他にも四万十川、四国カルストなど数々の絶景があるので、思いっきり気分を切り替えたい人にはオススメです。

  ハウステンボス


長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現したテーマパークです。

風車やチューリップ畑、宮殿なども再現してあり、まさにヨーロッパ気分を味わうことができちゃいます

ハウステンボスは年中募集がかかっていて、2ヶ月くらいから気軽に始められます。

  北海道 利尻島


参照元:https://4travel.jp/travelogue/11167386

利尻島は北海道の北部にある離島で、有名なのは白い恋人のパッケージにもなった利尻山です。

外国気分のイメージとは少し違いますが、フェリーでしか行けないTHE・離島で、北海道の大自然を生活の中で体験できます。

実際にリゾートバイトで行った友達も「人も優しくてめちゃめちゃ良かった」と絶賛でした。

あと、本当に星が降ってきそうなくらいの数だったとか。

夏のリゾバが楽しみになりそうです(^^)


 

他にも全国各地、紹介しきれないくらいの絶景があり、僕自身もリゾートバイトで行きたいところは尽きません。

時期によっては募集していないエリアもありますが、リゾートバイトには全国3,000件の求人があり、マイナーな離島の求人まであったりするので、ほとんど場所では働けると思います

国内のリゾートバイトは海外で働くのと違って、

  • 気軽に始められる
  • 外国に行った気分になれる
  • ガッツリ稼げる
  • 気に入らなかったらやめることができる
  • 治安的にも安心

などといった良さがあります。

また、ゆくゆくワーホリを考えている人でも外国人が多いエリアで働けば、語学力も高められるし、資金も貯められるので、どちらにしてもメリットが多いバイトです

リゾートバイトで働いている人は、ワーホリ経験者や、海外で旅をしていたなんて人も多いので、情報を仕入れたいという人はそういった人たちと仲良くなるのもありだと思います(^^)

リゾートバイトおすすめ派遣会社

国内でリゾートバイトをするにはまずはお仕事を決めるサポートをしてくれる派遣会社を利用する必要があります。(※対応は全て電話のやりとりです)

ただ、この派遣会社にもそれぞれ特徴があり、時給、対応の良さ、サポート内容などに違いがあったりします。

ここではリゾートバイト歴4年、数々の派遣会社を通して働いてきた僕が、あなたの状況に合わせて派遣会社を紹介したいと思います。

  後々ワーホリを考えている人


これは先程ご紹介した「アプリリゾート」がオススメです。

「ZEROから留学」プランで始めれば、資金ゼロで海外経験がない初心者さんでも1から10まで全てサポートしてくれるので、安心して始めることができます。

アプリリゾートホームページはこちら

  国内リゾートバイトをしたい人


  • 国内リゾートバイトをしたい人
  • ガッツリ貯金がしたい人

には派遣会社「グッドマンサービス」をおすすめします。

グッドマンサービスは他の派遣会社と比べても、時給が高く設定されていることが多く、同じ仕事でも自分の方が100円時給が高かった、なんて場合もよくあります。

求人数もアプリリゾートに比べると少し減りますが、そこそこあるので、時給重視の方はまずはグッドマンサービスで探してみることをおすすめします。

グッドマンサービスホームページはこちら

  温泉街で語学を学びながらガッツリ稼ぎたい


この場合のオススメは先程もご紹介した「アルファリゾート」です。

アルファリゾートは温泉街の求人に強く、時給の高さ&案件数共に派遣会社の中でもトップクラスです。

仲居さんであれば未経験でも1,200円以上保証なので、ガッツリ稼げること間違いなしです。

アルファリゾートホームページはこちら


派遣会社はそれぞれ無料で登録できます。

複数登録も可能で、案件選びの幅も広がるので2,3社登録しておくのがオススメです

※ちなみに僕は5社登録してました(笑)

実際に働かず、登録だけでもOKなので

  • ちょっと興味がある
  • 話を聞いてみたい

という人でも登録だけでもしておくというのも全然ありだと思います(^^)

まとめ

「リゾートバイト 海外」で検索する人が多いようでしたが、結果、そのような募集はありませんでした

海外で生活する・働く場合は

  • ワーキングホリデー
  • 留学
  • 海外インターンシップ

などを利用して行くのが一般的になりそうです。

ただ、これらを叶えるにしても

  • 資金
  • 語学力

がある程度必要になってくるため、事前にリゾートバイトをしてから海外生活に挑むという人が多いようです。

また、国内でも海外気分を味わえるようなスポットもたくさんあるので、海外まで行かなくても気軽にリフレッシュしたい人にもリゾートバイトはオススメだったりします。

それぞれ目的は違いますが、

  • 稼げる
  • 遊べる
  • 学べる

この3つの要素がそろったリゾートバイトは、これから何かをしようとする若者達のきっかけ作りや原動力になってくれそうです。

まずは、自分の夢に向かって1歩踏み出すことから始めてみましょう(^^)

リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング4選!

このランキングはリゾートバイト歴4年の僕が

  • 派遣会社の規模
  • 求人数
  • SNSの口コミ
  • 他ブログのランキング
  • 自身の体験

などを基準に選んだものです。

おすすめはグッドマンサービスですが、どの派遣会社も口コミ・評判が良く、リゾートバイト初心者さんには始めやすい4社を厳選してランキングにしています。

 グッドマンサービス


 時給が業界トップクラス!案件数もそこそこあり、バランスが取れている。

時給1200円を超える案件も多数!当ブログ運営者も4年間実際メインとして使っていたこともあり、個人的には一番オススメな派遣会社

たまに他の派遣会社ではないようなレアな案件も出たりする。

  こんな人にはオススメ

・時給重視の方

・レアな案件をお探しの方

・派遣会社選びに失敗したくない方

グッドマンサービスのホームページはこちら

 アルファリゾート



 こちらも高時給が特徴の派遣会社。

体験者のブログでも常にランキング上位

旅館系(仲居さん)の案件にも強く、時給、案件数は共に業界トップ。

  こんな人にはオススメ

・時給重視の方

・旅館系で働きたい方

アルファリゾートのホームページはこちら

 ヒューマニック


 業界最大大手!案件数がダントツNO.1!

対応もよく評判がいい派遣会社。

短期バイト、レジャー系はアプリリゾートかこのヒューマニックで来る人が多い。

  こんな人にはオススメ

・期間、職種など細かい条件がある方

・レジャー系をお探しの方

ヒューマニックのホームページはこちら

 アプリリゾート


 サポート・対応が◎

当ブログ運営者が希望の案件がなかった時のサブとして使っていた派遣会社

フレンドリーな担当者が多く、ハワイ旅行セブ島留学キャンペーンなど独自の特典も多い。

  こんな人にはオススメ

・親切な対応、サポートを求める方

・レジャー系をお探しの方

・キャンペーンに応募したい方

アプリリゾートのホームページはこちら

コメントを残す